Marchsブログ

ランダム

こんにちは、ゲストさん - Marchsトップ - ペットの森広場 - ペットの森通販 - ペットの森 - ログアウト - ヘルプ

2011-04-28 01:28:00



                          東北の復興を願ぃ・・・

         念願の夢の舞台へ!天下御免のぉ祭り男が出動!



恐ろしぃほどの国内ハィレベルの参加者に混じってのスーパークラス部門

今夜新神戸ポートタヮーホテル入りです。

保護者としてカリンちゃんが同行

                  必殺!伝家の宝刀を繰り出すかっ!




2011-04-26 22:58:00



最終日の朝ゎ萩田トレーナーの案内で前夜に暗闇の為に激突しそぅに成った船を横目に見て・・・

被害の大きかった塩竈の港から、もっと最悪な状態の多賀城と七ヶ浜に一路向かった。

水の流れゎ不思議だ・・・。

流れの方向にょってゎ隣りの家ゎ甚大な被害でも被害の全然なぃ家も有る。



七ヶ浜を背にして見ると遥か彼方まで瓦礫の山と住む事の出来なく成った家々・・・。

平面で見る画像とゎ違って目の前の景色が何処か別の国に居るょぅだ・・・。



海から何キロも続く瓦礫の山々に津波の恐ろしさを痛感する。

人間ゎ本当に自然に対して無力でぁる・・・。



そんな事を思ぃながらも午前中のセラピー先の保育園に到着する。

子供達の為に来月とゎ言ゎず直ぐにでもとの事で急遽決ったセラピー。

疲れも出始めた頃だが、そこゎプロ!

めぃっぱぃの笑顔で園児達の待っ保育園の中へ



この日ゎ天気にも恵まれ絶好の野外でのセラピー日和

保育園側から顔出しの許可が出てるので最高の笑顔が紹介出来ます。

後ろの家の瓦が生々しぃです・・・。



春とゅぅ時期ゎ本来でぁれば保育園でも行事が沢山有るはずなのだが・・・

今回の震災で危なくて外に出掛けられず全ての予定をキャンセルしたとの事。

だからこそ今回の訪問ゎ本当に有り難かったと先生達を初め保育園の園長先生が言ってぃた。

後ろの家の外壁が生々しぃです・・・。



サスケゎ何処に行っても人気者(^0^)b

何でこんなにも手ぬぐぃが似合ぅのでしょぅか・・・。

久々の行事に時間を忘れて楽しむ園児達の笑顔に、こっちが癒される・・・。



とぅとぅサスケゎ保育園の園長先生にまで甘ぇてしまった(汗

ボランティァで園児の数も少なぃのに本当に有り難ぅと・・・

ここでも昼食を御馳走に成り人の温かさに触れました。



今回の被災地セラピーの最後の現場ゎ避難所です。

ちょぅど自衛隊が準備したぉ風呂の時間と重なってしまぃ参加者ゎ少なかったが・・・

触れ合ぃの時間が沢山取れて楽しそぅにヮンコ達を散歩させる方達も・・・。



たとぇ参加者が少なくても、そこに参加してくれる人達が居るのでぁれば全力投球!

ボランティァの人達と、今回の震災で登校拒否と幼児帰りに成ってしまった兄妹とぉ婆ちゃん2人。

震災ゎ幼ぃ子供達の心の底にも暗ぃ陰を残した・・・。



空気が悪ぃ為かマスク姿のボランティァの人達が目立ちます。

参加してくれた兄弟ゎ目の前の津波から必死の思ぃで逃げたそぅです・・・。

少しでも楽しぃ時間をとヮンコ達も必死に参加者の指示に答ぇます。



車ィスのぉ婆ちゃんも元気に参加してくれました。

ぉ婆ちゃん・・・

またサスケと一緒に絶対に逢ぃに来るからねっ・・・。



無事にセラピー活動を終ぇたがレディスチームにも現実を見て欲しかったので・・・

帰る時間を変更してメンズチームが朝見て来た七ヶ浜へ

何処までも続く瓦礫の山にレディスチームも言葉を失ぅ・・・。



至る所の店舗に容赦無く突き刺さってる夥しぃ数の車・・・

誰かの悪ぃィタヅラで有って欲しぃとさぇ思ぅ・・・。

道路だけゎ片付けられてぃるが震災直後ゎもっと凄かったのでぁろぅ・・・。



ちょぅどタンクローリー車の撤去作業が行なゎれてぃたが・・・

中のガソリンが爆発してたら大惨事に成ってた事だろぅ・・・。

まだまだそこらぢゅぅにキケンがぃっぱぃでぁる。



一山越ぇて七ヶ浜に着くと景色ゎ見事に一変して絶句するしかなぃ・・・。

今だに引かなぃ海水・・・

潮の香りとヘドロの匂ぃが混ざり合って異臭を放ってぃる・・・。

ちょっとした高台で津波を免れた家が残ってぃるが・・・

目の前に迫る津波に生きた心地ゎしなかった事だろぅ・・・。



自宅の玄関先まで津波と一緒に車ゃ家ゃ人が流されて来る恐怖。

その当時の精神状態ゎ尋常な物でゎなかっただろぅ・・・。

運良く家ゎ残っても心に一生残る恐怖ゎ拭ぅ事ゎ出来なぃだろぅ・・・。



大津波ゎこの防波堤も破壊して越ぇて来たのだ・・・。

どれだけ怖く・・・

どれだけ慌てて・・・

どれだけ必死に・・・



現地を回ると報道でゎ判らなぃし感じる事の出来なぃ空気を感じる。

瓦礫の中から・・・

自分の家が有った場所ゎ多分この辺りだろぅと・・・

必死に思ぃ出の品物を捜す沢山の人達・・・。



2階の窓ガラスまで破壊されてる状態ゎ津波が家を丸ごと飲み込んだ事が判る。

家の形ゎ辛ぅじて残ったが果たして修繕が出来るのだろぅか・・・。

この家ょり海側にゎ立ち入り禁止区域なので入る事ゎ出来なかった・・・。



帰りの仙台宮城ICから外を眺めると遥か地平線まで一面と続く荒野・・・。

何もなぃとゅぅ事が、こんなにも怖ぃ物なのかと恐ろしく成った・・・。

それでも・・・

この地にゎ力強く生きょぅとする思ぃを持った人達が沢山居る事を知った。



1ヵ月以内に震度8クラスの地震が来るとの状況の中での命懸けのセラピーだったけど・・・

その中での活動。

緊急地震速報が携帯に鳴ります。

その度に、「津波が来るかもしれなぃ」と、とてっもなぃ恐怖が襲ぃます。

帰って来てから塩竈ゃ多賀城ゃ七ヶ浜の津波の様子の動画を見て・・・

自分達がどんだけ恐ろしぃ場所に行ったか恐怖を覚ぇた・・・。

帰りのサービスェリァでのヮンショット。

それでもォィラ達ゎ今回の訪問で逢った人達との約束を守る為に・・・

毎月必ずこの地に来ると固く誓ぃました。



最後に萩田トレーナーが良く散歩した多賀城と七ヶ浜の動画ですが・・・

この景色からゎ以前の景色が思ぃ出せなぃと涙ぐんでました。







帰って来てからも町の粗大ゴミを見ると瓦礫の山を思ぃ出します・・・。

町の保育園を見ると園児達の笑顔を思ぃ出します・・・。



萩田トレーナーが言ってました・・・

何もしなくて良ぃ・・・

ここに来て自分達の話しを聞ぃてくれるだけで良ぃと・・・。

それだけで充分安心するんだねっ・・・。




今回の災害に会ゎれた皆様へ心ょりのぉ見舞ぃを申し上げます。
少しでも心休まる日が来ます様に、ぉ祈りぃたします。

2011-04-24 23:59:00



二日目の訪問先ゎ今回一緒に活動してる谷藤トレーナーの従姉妹の子供(かなた君、4歳)が

通ってる仙台市若林区の保育園。



ぉ祭り大魔王の園長先生が暴走しなぃか参加トレーナーゎハラハラ



園長先生 「サスケが羨ましぃ・・・



参加人数ゎ0歳児も含めると50名ほどだったが・・・

卒園の思ぃ出にと年長さんを中心にプログラムを進め・・・

1時間の全てのプログラムが終了して年長さんと記念撮影



最初ゎ犬が怖ぃと言ってた園児達も最後ゎこの通り

ヮンコの力って凄ぃ



被災して大変なのに園児達と同じ給食を用意してくれた・・・。

本当に暖かな心を持った人達だ・・・。



その後ゎ園児達と我らが園長先生の爆裂暴走触れ合ぃタィム

結局・・・

子供達をズリズリ引き吊り回しクタクタに成るまで大暴走・・・

知能指数の低ぃ園長先生にぃっまでも手を振って別れを惜しむ園児達。

園児達 「明日も絶対に来てねぇ〜

震災後・・・

家に帰ると今まで出来た事が出来なく成ってる園児も多ぃとの事・・・

帰ってから少しの時間でも・・・

今日の出来事で親子の会話が楽しぃ時間に成って欲しぃなっ。



その後ゎ二手に別れ・・・

メンズチームゎ今後の訪問先へのァプローチへ

レディスチームゎ仙台市泉区のグループホームへ

対象者の方達も楽しみにしてたらしく寒ぃ中でも積極的に参加してくれました。



そして夜ゎメンズチームとレディスチームに別れて泊まる事に成った。

昨夜、園長先生が夜這ぃしたからでゎ有りません。

メンズチームの宿泊先ゎ甚大な津波被害に有った塩竈市の港だからなのだっ。

万が一の事を考ぇサスケをレディスチームに託した・・・。



被災地の景色ゎ昼と夜とでゎ一変した・・・。

宿泊先のトレーナー仲間の自宅が近付くにっれ戦争の後のょぅな惨状が広がる。

宿泊先近くに成ると冠水して道路ゎ通行止め



回り道をして何とか待ち合ゎせ場所まで来たが・・・

事故でも、こんなにゎ成らなぃだろぅと感じるくらぃのボコボコの車だらけ。

ここゎ動画でも何度も再生された津波で車が沢山流され集まった場所。

当然の事ながら沢山の遺体も散乱してたらしぃ・・・。

寒々と異質な空気に背筋が凍り付く・・・。



港から200メートルしか離れてなぃので当然1階ゎ津波に襲ゎれて・・・

何処から片付けて良ぃか判らなぃほどにメチャクチャ。

それでも避難所にゎ行かずに女一人で元気に前向きです!

物取りも横行してる為に家を留守に出来なぃそぅです・・・。

でも本当ゎ寂しぃんだろぅなっ・・・。

被災して大変なのに泊まりに来てって言ぅぐらぃだから・・・。

窓ガラスに残る津波の後が生々しぃ・・・。



夜中の1時を過ぎた頃に港周辺を案内して貰ったんだけど・・・

港から200メートルの所なのに水の流れで被害が全然なぃ家も有る。



泊まった家のブロック塀もメチャクチャで車も流されて家に刺さってたらしぃ・・・。

そして1:30過ぎに、まさかの縦揺れに襲ゎれ津波情報に目を凝らし隣りの3階建ての建物に

緊急避難体制に入るも津波の心配ゎなぃとの事で一安心。

ぁんな地面からドォーンと突き上げられるょぅな縦揺れと地鳴りゎ初めてだゎっ。

怖くなった園長先生ゎ宿泊先のトレーナーに・・・

園長先生 「怖ぃから一緒の部屋で寝て良ぃ・・・?

その後の地震速報の携帯が成っても一緒に寝れて安心したのか速報の音を消して爆睡

何とも頼りなぃ園長先生だっ・・・。



津波で流された自分の自転車で毎日力強く自分の足で大地を蹴ってぃる・・・。

被災地で被災者の生々しぃ体験を聞くと報道でゎ知らされなぃ事実に胸が詰る思ぃだ・・・。

萩田トレーナー・・・

本当に心が強ぃねっ・・・。

また絶対に逢ぃに来るからねっ!


街灯が少なぃので暗ぃけど夜中に案内された周辺の動画です。













次回も引き続き津波被害とセラピー報告です。

2011-04-22 11:26:00



小雨の降る中・・・

2台の車に食糧・テント等を積み込み・・・

5人のドッグセラピストと5頭のセラピードッグたちが被災地に向かった。



福島に入った辺りから周りの景色が一変する。

高速道路ゎボコボコで見ぇる家々ゎブルーシート・・・。

被災地のトレーナー仲間が地震と津波とパンク覚悟で来てと言った意味が判った。

途中のサービスェリァで何度か休憩して現地入り。

この後に目の当たりにする現地の惨劇を誰が予想した事だろぅ・・・。



到着して直ぐに役所で情報収集して訪問予定以外に周れる所がなぃか打ち合ゎせ。

現地の人からゎ津波被害が有った所と無かった所の境ゎ直ぐ判りますょ。

と言ゎれたがピンとゎこなかった・・・。



二手に別れォィラたちゎ海方面へ活動を開始したが・・・

4号線を境に、そこゎ別世界だった・・・。

本当に津波被害の境目がクッキリしてぃた。



辺り一面瓦礫の山・・・山・・・山・・・。

ここに本当に町が有ったのかと我が目を疑った・・・。

だが・・・

これでも被害の少なかった方なのだ・・・。



この先の保育園ゎ無事なのだろぅか・・・。

園児達ゎ無事に非難が出来たのだろぅか・・・。

保育園が無かったらと考ぇると言葉を失ぅ・・・。



それでも僅かな希望を持って向かぅも・・・

途中で強制退去させられる・・・。

ただ安心したのゎ園児達ゎ非難して別の場所で通園してるとの事だった。



ぃっの間にか雪が降り吹雪ぃて来た・・・。

それでも何件か保育園に挨拶周りをして・・・

その日の活動ゎ終了した。

夜ゎテントと思ってたのだが予想外の吹雪と気温ゎ4℃の悪条件・・・。

最初ゎ遠慮したのだが参加トレーナーの実家が泉区なので御好意に甘ぇ泊まらして貰った。

自給自足のボランティァに行ったのに・・・

被災して大変なのに優しく迎ぇてくれる現地の人に頭が下がる・・・。

一宿一飯の、このご恩ゎ一生忘れません。

谷藤トレーナーのぉ父さんぉ母さん本当にぉ世話に成りました。

次回からゎセラピー&現地報告です。

2011-04-18 22:07:00
未曾有の震災が起きてから・・・

自分の中でずっと煮ぇ切らなぃ思ぃが悶々としてた。

普段通りの仕事をしてる自分に腹が立った。

義捐金ゃ救援物資を送るのも大切だけど・・・

もっと自分らしく出来る事ゎなぃのか・・・?

ォィラの気持ちの中で、ひとっの譲れなぃ思ぃが湧き上がった・・・。

被災者の方達が少しでも心が休まり笑顔に成れる時間が作れるのなら・・・

被災地に行って被災者の方達の心のケァを少しでもしたぃ!

そんな思ぃの時に1本の電話が来た。


4月19・20・21日の3日間で被災地に行って

仙台市若林区の保育園・泉区の高齢者施設・宮城野区の避難所・石巻・塩竈で

ドッグセラピーをして欲しぃとの要請だった!

サスケの役目ゎ・・・

触れ合ぃタィム♪・着せ替ぇゲーム♪etc・・・

ォィラの役目ゎ今後のセラピー先の開拓と・・・

対象者の方への配慮と・・・

サスケとのドッグダンス♪

演舞曲ゎ・・・明日がぁるさっ!

みんな元気に成ってねっ(^0^)b


大きな余震が続く中で正に命の現場で命懸けのセラピーだっ!

被災地の方達とJDAからォィラのハンドラーとしての技術と・・・

サスケのパートナー犬としてのレベルが買ゎれたのだ。

本当に嬉しかったし悶々とした気持ちが一気に晴れた。

絶対の信頼を寄せてぃる恩師からの要請でぁれば断る理由など何もなぃっ!

念願のォィラとサスケのセラピーデビューが被災地とゎ本意でゎなぃが・・・

サスケを2年でセラピードッグにすると宣言してから・・・

公言通り必死に二人三脚で走って来て今こそ約束を果たす時だ。

とぅとぅこの日が遣って来た。

人間から必要の無ぃ命と言ゎれたサスケが・・・

今・・・

不必要と言った人間達に生きる希望を与ぇに行くのだっ!



出来る事なら、このょぅな形でのドッグセラピーゎなぃ事が望ましぃ。

でも・・・

ほんの少しの時間でも笑顔に成れる時間が作れるのなら・・・。





みなさんからぉ預かりした救援物資も被災地に積んで行きます!

この3日間の活動で仕事を無理やり休むので・・・

(ボランティァで被災地に行くとゎ言ってません)

もしかしたら仕事を失ぅかもしれなぃけど・・・

ぃざと成ればバィトでもすりゃ良ぃさっ(^0^)b

行かずに後悔するょりも行って後悔した方が良ぃょねっ!

もちろん後悔なんてしなぃけどっ!

理事長先生・・・

またしてもォィラのゎがままを許してねっ・・・。




サスケ   「園長先生・・・

       それにしても朝からのシャンプー&爪切りゎ眠ぃっすょっ(汗」

園長先生 「宿泊先ゎ塩竈で1階が津波被害に会ったトレーナー仲間の家の2階だゎょっ。」

サスケ   「初日の泊まるところゎ・・・?」

園長先生 「決ってなぃっ・・・」



追記

息子も被災地にボランティァに出発します!

DNAゎ争ぇなぃなっ・・・

必ず無事に帰って来ぃょっ!

・・ | 1 | 2 | ・・ 古い記事 >>



Copyright(c) 2002-2017 ALL Right MyStars Inc. reserved.