Marchsブログ

ランダム

こんにちは、ゲストさん - Marchsトップ - ペットの森広場 - ペットの森通販 - ペットの森 - ログアウト - ヘルプ

2012-09-06 21:41:00
いつも行く伊豆の人形の家ソレイユで、お茶だけしてまったりしていたのですが、館長がお人形も見てと言われて、随分前に何度か拝見させていただいたのですが改めて今回ゆっくりとレンガの洒落た洋館にあるお人形達に会いました。

入ってすぐ中島萬里先生の言葉の額が掲げられており
人生と人形
人生を生き抜くことは、一つの事業だと思います。強い心と優しく心をもってこの世の重圧を払いのけて生きて頂だきたいと願いを込めて人形を作っております。
幼い子供の頃より、人生の齢を重ねた、一生の人形たちのユーモアあふれた表情から、何かを感じ取っていただければ幸いです。

そんな言葉が以前も読んだはずなのに、とても心に残りました。

萬里先生は館長のお母様にあたります。すでに他界されてましたがお写真を見ると女優さんもやっていたとのことでお綺麗な方でした。しかもとてもおしゃれ、そんなセンスがお人形にも表れていています。
特におばあさんたちのお人形は絶品です。
ー何も信じない孤独な人 I love money
ー静かな時間      A quite time
ー腰の重い夜の客    The night Visitor who does Not Go Home
ー生きがい(隣に
ごみを入れる人)    This is I Live for!(Sweeping the Rubbish Next Door)

こんなおばあさんのお人形を見ながら、生き方違いでこんなに表情が違う。
自分がどんな顔のおばあさんになるかと考えていたら、私もどうなるんでしょうね?と私をちらっと見ているリカテリーナ。

お互い ゆっくり年をとろうね。お互いどんなおばあさんになるんだろうね、なんて先生のお人形たちを見て思った伊豆の休日でした。


・・ | 1 | ・・



Copyright(c) 2002-2018 ALL Right MyStars Inc. reserved.